実家暮らしが専業主婦になって

実家暮らしが専業主婦になりまして

実家暮らしで20代後半になっても母にお弁当を作ってもらってた私が専業主婦になった話。日々の出来事や好きな物を載っけます。

【つぶやき】結婚式は親族だけと決めてましたが、やっぱり友達呼びたい…

今日は久々に友達と会いました

9月から住まいが変わったせいか、友達と疎遠になってます笑

もともと友達がそこまで多くなく←

仲良しの子は結婚して今年県外に行っちゃいました。

他の子は仕事が忙しそうです。

 (・ω・)ショボーン

 そんなとき、県外に行った友達が帰省しているみたいで、ランチのお誘いがありました。

ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ

場所はTrombone Coffee(Trombone's Home Page)です。

ほとんどの店舗が鹿児島にある落ち着いたカフェです。

f:id:ht1414:20181031224017p:plain

 

今回のランチ、友達の近況報告を聞くのも楽しみにしてたんですが、

結婚式に来てほしい…!!

と伝えるべく身構えていました。

普通に頼めばいいじゃないかい!と思うかもしれませんが、

最初に親族だけで結婚式をすると伝えていました。

友達は今月親族だけで結婚式をあげてます。

親族だけとのことで、私は結婚式に出席してません。

なんか申し上げにくい…。

 

【結婚式に来てほしいと言う前の会話】

友達「結婚式の衣装決まった~?」

私「う、うん。決まったよ!」

友達「決まったんだ!写真ある?見たいな~」

私「あるよ!確かカメラに…」

私(!?)

私(結婚式に来てほしい人にドレス姿見せたらネタバレじゃん!!)

私「ご、ごめん。写真は家にあるっぽい…」

友達「そーなんだね。でさー、……」

私(セーフ!!)

はやく伝えないと、会話に制限があって苦しい…(´ཀ`)カハッ

 

結婚式の準備が進むと、友達に来てほしいと思うようになった

話が脱線しますが、

私たちの結婚式のコンセプトはアットホームでゲストに楽しんでもらう結婚式です。

ゲストが楽しんでくれたら私たちも楽しいですし、嬉しいです(*^^*)

なので、お金をかけるところも、私たちが身に着けるものとかではなく、

会場の装花とかにかけようと思っています。

これしたら、楽しそう、喜んでもらえそうと考えるうちに友達の顔が浮かんできました。

特に過去の花嫁さんの写真アルバムを見ながら、プラン考えているとき、

友達と撮っている写真がとても羨ましく思えました。

(私も一緒に写真撮りたいな…)

自分の正直な気持ちがわかった瞬間です。

言いにくいけど、言わないと絶対後悔する!

とりあえず、伝えさせてもらおう。 

 

友達に正直な気持ちをぶちまける

私たちは場所を変え、甘いものを食べながら、自分たちの近況報告5カ月分を話していました。

(そろそろ夕方になる。伝えなければ…)

友達との会話が途切れた瞬間…

私「…ちょっと話いいかな?」←険しい顔、緊張した空気感放出

友達「な、なに!?」←空気を感知、表情こわばる

(私こういう話の切り出し方下手くそ~泣) 

私「ごめん。結婚式の話なんだけど、前に親族だけって言ってたんだけど、最近になって、○○(名前)と△△(名前)が結婚式に来てくれたらな、と思うようになったんだ。

出来たら2人に大切な結婚式に出席してもらいたい。」

友達「……。」←驚いた表情

私「…お車代ちゃんと出します!泣」←会話の間に耐えられない、県外住まいだからお金の不安を軽減するために発言

私「○○の結婚式のお祝いだけど、前△△と一緒に渡したのとは別で考えてもいるのね!何か欲しいのない!?」←めっちゃ必死

友達「え?え!?結婚式行っていいの?」

私「え?来てくれるの??」

友達「もちろん!行きたい~!行くよ!!」

私(なんとー!心の友よ!!泣)←ジャイアン

 

少々おふざけが入りましたが、友達にめっちゃ感謝です。

本当にうれしかった。

心の友はけっこう本気。

 

私が単に暴走していただけだった

今回の件なんですが、すべてが終わってから、私一人の暴走だったように思います。

まず、友達はちゃんと人のお祝いを喜んでくれる子です。

そして私が異常に心配性悪い想像をする癖が付いてしまっている。

今年から、特に酷くなっています。

もともと気が利かない人間なのであらゆることを考えて、先を読みながら行動しようとしたら、逆に失敗ばかり考えて、不安になりやすくなってしまいました。

また働き始める前には直したいですね。

 

とりあえず、友達に感謝!!

 

ここまで拙い文章を読んでいただいて、ありがとうございます。